肥満の原因は基礎代謝の低下から

肥満の原因は基礎代謝の低下から

この画面は、簡易表示です

肥満対策

ダイエットと健康について

ダイエットは健康的に進めたいものです。この頃は、スリムなことが美につながるという考え方があり、細身の人でもダイエットをしています。時には、健康を無視するほど極端なダイエットに人気が出ることもあります。年齢や性別に関係なく、いつまでもきれいでいたいと思う人は少なくないようです。ダイエットは元来、健康状態の改善のために取り組むべきものでしょう。無理なダイエットは、体を壊してしまったり、肌や髪などに深刻なダメージを与えてしまいます。ダイエットを実践する時は、若い頃は多少の無理がきいても、年をとってくるとそうもいかないことを認識しておくべきでしょう。健康に配慮したダイエットをすることは、思うほど簡単なことではありません。ダイエットだからといって低カロリーな食事ばかり、もしくは、おにぎりや菓子パンなどの単品ばかり食べていると、便秘になりやすくなります。野菜や果物で積極的に食物繊維を取り入れることも健康のためには欠かせません。また、ダイエットのためにと肉や油を完全に断っては、たんぱく質が足りなくなります。筋肉が減ってしまう原因の1つに、たんぱく質の欠乏があるといいます。筋肉量が減ると、基礎代謝量も低下します。基礎代謝は1日に絶対に必要といるエネルギーなので、高く保つことが肝心です。身体にも良く、効率的に脂肪を燃焼させるには、健康に配慮したダイエットをする必要がありますので、そういった視点を重視しましょう。おすすめ世田谷区 パーソナルトレーニングはこちら。



ダイエットでスリムになる方法

食事などから得るカロリーより、運動などで使うカロリーの方が多ければ、ダイエットでスリムになれます。自分の食事内容や運動量をチェックし、どの程度のカロリーを摂取し、消費しているか知ることで体重をコントロールできるでしょう。熱心にダイエットにとり組んでいるにもかかわらず、スリムになれずに悩んでいるという人もいるようです。ダイエットを成功させるためには、まず今現在の体重を知り、太り過ぎかどうか判断することです。そして太りすぎであればその理由を追及することが大事です。カロリーの多い食事を好んで食べているせいで脂肪が蓄積され、肥満体型になった方もいます。低カロリーで栄養バランスの取れた食事にするため、野菜やきのこ、海草などを使ったメニューに切り替えます。年を取って基礎代謝が下がったことや、冷え性が関わっていることがあります。サプリメントや食事で基礎代謝をアップさせたり、体を温めることでカロリーの燃焼を促しすことができるといいます。ダイエットでスリムになるための成功ポイントは、自分にあったダイエット方法を探すことです。便秘や冷え性体質を解消することで、ダイエットを成功させスリムになれる人もいます。厳しい寒さが続く冬だけでなく、気温が高い日が続く夏場であっても室内の温度を高めに設定したり、温かい飲み物を飲むようにします。基礎代謝が低くならないようにする事も、ダイエットでスリムになるためには大切なことです。



ダイエットでスリムになりたい

ダイエットでスリムになうことは日常生活を行なう上でかなり身近なものとなっています。ダイエットによってスリムになりたいという動機は人それぞれです。ダイエットによってスリムになることが、きれいになる手段だと思っている人もいます。カロリー過多の食事や体を動かさない生活の積み重ねで肥満度が進んでしまい、健康維持のためにスリムになる必要が出てきた人もいます。会社の定期検診などでメタボリック症候群や予備軍であることが判明し、医師から痩せるよう助言されたという人もいるようです。年を取ると基礎代謝が低下するため、昔のままのカロリー摂取量では不要なカロリーが脂肪として蓄積されやすくなり、要注意です。ダイエットをするのは年頃の女性という認識があった時代もありましたが、この頃は体調管理のために多くの人がダイエットに取り組んでいるようです。ダイエットへの関心が社会的にも高まっているせいもあってか、ダイエットにとり組むのは大人だけではなくなっているようです。小学生などの子供が非常にダイエットへの感心が高くなっているようです。肉や油脂を多く使ったカロリーオーバーの食事や、栄養バランスが良くないファストフードを利用している人は増えています。朝食抜きの生活を送る家庭があるなど、子供に必要な栄養が不足気味だといいます。スリムになるため食事を抜く小学生もいるという話がありますが、健やかな成長のためには未成年の無闇なダイエットは禁物です。



リバウンド対策でダイエットの成功を

リバウンドの対策を立てることが、ダイエットの成否を分けます。リバウンドや停滞期は人の体には当たり前に起きることで、ダイエット中は避けて通れないことです。ただ体重を減らしたいだけなら、食事量を減らしたりきつい運動をすることです。気をつけるべきことは、このやり方はリバウンドが起きやすいということです。疲労がいつまでも消えないようなきつい運動や、すずめの涙ほどの食事しかしないようなダイエットは体に悪影響です。体にやさしい健康的なダイエットを心がけ、正しい食事制限や正しい運動を行うことが、リバウンドを最小限に抑えるための対策と言えるでしょう。人体にはホメオスタシオスという働きが備わっていますので、食事の量が減れば減ったなりに代謝の状態も変化し、結果的にリバウンドの起きやすい体質にシフトします。ダイエットをすることでホメオスタシオスがどう機能しているか理解することで、リバウンド対策も立てやすくなります。体重という数字以外に起きている体の変化を感じ取ることが、リバウンド対策になります。人の体は、5%以上の体重減少が1カ月で起きると危機的状況と判断し、ホメオスタシオスを1カ月ほど動かします。リバウンドが起きやすいタイミングや注意したいことについては、ホメオスタシオスの作用と体重の減り具合に注意を向けていれば察知できます。うまくリバウンドの対策ができれば、思い描いていた通りの理想のダイエットができるのではないでしょうか。



リバウンド対策は停滞期対策

リバウンド対策の一つとしてダイエット停滞期の対策が大切になります。リバウンドの対策をするためにはダイエットの停滞期について良く知っておかなくてはならないでしょう。人の体は、取りかかってしばらくはダイエット効果がでますが、その後は思うほど減量できなくなります。しばらく体重が減りづらい時期が続きますが、これを停滞期といいます。停滞期はなぜあるのでしょう。人間の体は、安静にしていても一定量のエネルギーを消費しています。心肺機能を動かしたり、体温を正常に維持するなどにエネルギーがいるためです。エネルギー消費のことを基礎代謝といいます。ダイエットにより、食事量を減らして摂取カロリーを抑えると、脂肪と共に筋肉も落ちてしまいます。年齢や筋肉量によって基礎代謝は決まるので、筋肉が少なくなると基礎代謝が少なくなります。リバウンドは、基礎代謝が落ちた状態で食事量を戻すことにより起こります。ダイエットの停滞期でも、ダイエットを中断しないことがリバウンド対策として効果のある方法といえるでしょう。ダイエットで落ちた筋肉は、リバウンドによってそのほとんどが脂肪として増えます。脂肪が代謝されにくく蓄積されやすい状態に、基礎代謝が下がるとなってしまいます。ダイエット中の停滞期をうまくやりすごすことが、ダイエット時のリバウンド対策として有効です。



リバウンド対策を練る前に

リバウンド対策についてです。ダイエットの最大の敵であるリバウンドです。リバウンド対策の第一歩として、リバウンドは何故起こるかを知っておきましょう。ダイエットの反動で体重が増えることをリバウンドといいます。食事制限や運動で体重を減らしたものの、その後体重が再び増えてこれまでより太ってしまう人もいます。ダイエットをしたことがある人なら、リバウンドは身を以て知っています。ダイエットがうまくいかない大きな理由の1つがリバウンドです。逆に言えば、リバウンド対策をしっかりすればダイエットの成功確率を上げることができると言えます。リバウンドの契機として多いのは、停滞期に差し掛かっている時にダイエットに挫けてしまうことです。停滞期にダイエットを諦めてしまい、ご飯の量を元に戻すようなことをするとリバウンドが発生します。人体にはホメオスタシオスという機能があり、長期に渡って食事量が減ると体のモードをチェンジし、カロリー消費量を少なめにします。ホメオスタシスは、生存のために体にあらかじめ備えられた対策方法と言えます。停滞時にダイエットを中断すると体にはカロリーが余った状態となり、余ったカロリーは全て脂肪として蓄えられます。停滞期の対策は同時にリバウンドの対策にもなることが分かります。



肥満の原因は基礎代謝の低下から

基礎代謝の低下が肥満の原因である人もいます。基礎代謝とは、人が生きていくために欠かせないエネルギー量を指しています。じっとしていても、呼吸、消化、体温調整、血流のために人の体はエネルギーを消費しています。体の臓器の活動によって基礎代謝分のエネルギーを使っているわけです。基礎代謝は年齢や性別、筋肉の量などで一人一人に違います。肥満の原因の1つとして、エネルギー消費量が下がって脂肪が残りやすくなることがあります。基礎代謝は男性より女性が少なく、年齢別でみると10代後半がピークでその後徐々に減っていきます。体温が低い人、発汗量が少ない人、血圧が低い人、運動不足の人などが基礎代謝が低い可能性があります。遺伝的な要素も、基礎代謝にはあります。加齢と共に基礎代謝が下がっているのに、若い頃と変わらないカロリー摂取量を続けていると、使い切れないエネルギーが脂肪となって肥満の原因となります。基礎代謝が低下したなら低下したなり摂取カロリー量を心がけなければ、いくら積極的に運動をしても脂肪が減らず、肥満の原因を排除することができないでしょう。食事制限やダイエット運動でも体重の減少が鈍いという方は、基礎代謝が低いことが肥満の原因になっているのかもしれません。肥満の原因は、大別すると2種類あります。単純性肥満といい、生活習慣が原因となる肥満です。食べ過ぎや運動不足によるもので、肥満の95%はこのタイプです。症候性肥満という、代謝やホルモンにトラブルが生じて起きる肥満も存在します。肥満になる原因を作る病気がはっきりしているのがこのタイプです。食欲が正しく作動していないために肥満になるという、中枢性肥満も症候性肥満の中の1つです。血脳障害、性腺形成不全が原因の遺伝性肥満、甲状腺異常や副腎皮質異常による内分泌性肥満なども症候性肥満です。副腎皮質ステロイド剤を多用したために肥満体質になるという、薬が原因となる症候性肥満も存在しているようです。しかるべき検査を受けて原因を明確にし、治療に取り組むことが症候性肥満の場合は求められます。肥満の原因が何かを明瞭にしなければ、適切な対応は取れません。単純性肥満か症候性肥満か、予め確認してから対応を取りましょう。子どもの肥満は、ある程度大きくなるまで状況の見極めに時間がかかります。問題なく成長しているかは、身長と体重を測っておくことが重要になります。肥満体型で、身長が低いという子どもは単純性肥満ではなく症候性肥満が原因である可能性もあります。




top